マンション・アパート暮らしの人が飼うのにぴったりなエキゾチックアニマル5種

エキゾチックアニマルは、しばしば小さく静かであるうえに、屋外の住居スペースを必要としないので、マンションやアパート暮らしの人のペットとしてふさわしいです。隣人をイライラさせたり、敷地に損害を与えたりすることもありません。とはいえ、犬や猫といった定番のペットと同様に、飼い主にハッピーをくれて、愛情深い存在となります。この記事では、さまざまな種類のエキゾチックアニマルをそれぞれ詳しく紹介していきますので、なぜアパートやマンションなどのコンパクトな住まいに適しているのかを探っていきましょう!

  1. ウサギ

ほとんどの場合、ウサギは社交的な動物で、誰かと一緒にいることを好みます。ウサギはトイレのしつけがきちんとでき、自分で毛づくろいをし、適度におとなしいので、マンション・アパート暮らしの人のペットとして適しています。家の中でウサギを自由に走らせている飼い主も多く、ウサギにとってもいい運動になっているようです。唯一のデメリットとしては、ウサギは噛んだり掘ったりするのが好きなことです。部屋に散らかったコードを見えないように隠し、カーペットや絨毯のない場所でのみウサギが自由に動けるようにするなど、ある程度の対策をとる必要があるでしょう。

  1. フェレット

フェレットは活発な性格であるため、大きなケージを用意しましょう。飼い主が留守にしている間、一日の大半は寝ているので、マンション・アパート暮らしの人に適しています。普段は物静かな動物ですが、隠れたりいたずらをしたりするのを好みます。ただし、脱走したり、危険な隠れ場所(オーブンの中など)に入らないようにしたりするために、少しの対策は必要です。

  1. ハムスター

ハムスターは、あまり広いスペースを必要とせず、ペット禁止のマンション・アパートでも飼えることが多いのでおすすめです。静かで清潔な動物で、お手入れもあまり必要なく、抜け毛もありません。動物アレルギーを持っている人でも、ほとんどの場合、ハムスターを飼うことには耐えられるでしょう。ハムスターは一貫した飼い方をすることで、簡単に飼いならすことができます。ハムスターを飼うには、2立方フィートのケージ、運動用の車輪、何か噛めるもの、吸収性のある寝具、隠れ場所、エサ、水さえあれば可能です。

  1. モルモット

モルモットは社交的な性格で、お世話がしやすい動物です。「ウィー」という声で鳴きますが、マンション・アパートなどでは近所迷惑にならない程度の音量です。また、囲いも適度な大きさで十分です。少なくとも7〜8平方フィートの大きさのケージがあれば飼育可能で、高さはあまり重要ではありません。モルモットは上に登ろうとしないので、1フィートまたは18インチより高くする必要はありません。

むしろケージの外で人と交流したり、探検したり、遊んだりするのを好みます。ですので、家の中にむき出しの電線や危険な植物がないことを確認し、モルモットの関心を引きそうな木製の備品には安全策を講じましょう。

  1. ハリネズミ

ハリネズミを飼うのに大きなケージは必要ありませんが、少なくとも2フィート×3フィートの大きさの囲いが必要です。主に夜間に活動する動物なので、昼間の時間帯に留守にしていても寂しく感じないでしょう。ハリネズミはフケの発生が少なく、騒音レベルも低いので、動物アレルギーに悩む人のペットとして優れた選択肢になります。つまり、誰にも迷惑をかけず、ほっとかれるのが好きなペットなのです。

ただ欠点としては、地域によっては飼うことが法律違反であったり、免許が必要であったりする場合があります。エキゾチックアニマルを飼う前には、お住まいの自治体の法律を必ず確認するようにしましょう。